あなたの個人情報がネットに流出しているといわれたら?

2020年1月30日 By admin

警察から名乗る人間からかかってきたらほぼ詐欺目的

警察を名乗る人間からいきなり「大変です。あなたの個人情報がネットに流出しています」という電話がかかってきたらどのような対処をとれば良いのでしょうか。まず、ネットに個人の名前が書かれていたとして、それがすぐ犯罪と判断されることはありません。もしかして、自分で書き込んだのかもしれませんし、偽名の可能性もあるからです。そういった状況でわざわざ警察が連絡してくる可能性は0と言って良いでしょう。したがって、何も言わずに電話を切るという対処で問題ありません。付き合ってしまうと、恐らく最終的にお金を巻き上げられてしまいます。

電話帳に掲載されていたデータが公開されているかも

では、友人や知人から「あなたの個人情報がネットに書かれているのを見つけた」と連絡してきた場合はどうでしょうか。このケースでは、実際にネットに個人情報がアップされてしまっている可能性が高いです。問題はどういう経緯で個人情報が公開されてしまっているのかです。例えば、近年、電話帳のデータがネットで公開されましたが、違法ではないとの判断でそのままになっています。削除依頼を送れば応じてくれることもあるようですが、コピーされ続けているのできりがないかもしれません。

企業による個人情報流出事故の場合はすぐに連絡を

本来であれば表に出ないはずの顧客データなどが本当にネットで公開されてしまっている可能性もあります。必ずしも悪意からではなく、サーバーの設定ミスなどでアクセスできるようになることがあるのです。どの会社が所持しているデータなのか分かれば、速やかに連絡すべきでしょう。現在、どの会社も個人情報流出には神経を尖らせているので、連絡を受ければ直ちにデータを非公開にするはずです。

機密文書の取り扱いには厳重な注意が必要です。機密を漏らさないように安全性の高い方法で管理をしなくてはいけません。