気になる太陽光発電のメリット・デメリットとは?

2018年8月31日 By admin

太陽光発電の仕組みとは

近年注目されているのが、再生可能エネルギーの一つである「太陽光発電」です。

太陽光発電は、太陽光を太陽電池に充てることによって太陽の光エネルギーを電力に変換して発電をする仕組みとなっています。具体的には太陽電池を構成している半導体の電子が、太陽の光エネルギーによって動き電気を発生させると言う発電方法です。太陽電池にはシリコン系、化合物系、有機系の三種類がありそれぞれ発電効率が異なります。現在ではシリコン系が主流で、8割程度がシリコン系だとされています。

太陽光発電は、余った電気を売ることができたり、蓄電池と組み合わせることによって災害時などにも利用できるとして注目されています。

メリット・デメリットについて

太陽光発電は、様々な観点から注目されていますが、デメリットもあるため取り入れるときには、デメリットも考えて取り入れることが大切です。

まず、メリットとしては太陽光が当たれば電気を生み出せるということが挙げられます。晴れの日の多い夏場の節電になったり、温室効果ガスを減らすことにもつながります。火力発電のようにエンジンやタービンなどの可動部分が必要ないため、故障が発生しにくく、騒音や汚水などが出ないというメリットがあります。また、小型のものもあるため場所を選ばないというのもメリットです。

ただし、太陽光が当たっていない夜間や日照不足の時には発電することができないため、安定性がないというデメリットもあります。そのため発電コストが高めになるというデメリットや、設置するためにはコストがかかるなどを考えて取り入れることが大切です。

太陽光発電の価格について、導入費用は一般的に1kwあたり換算で表記されます。初期投資とランニングコストを計算して設置する必要がありますが、売電や光熱費の節約ができることも計算に入れましょう。