目立たない倉庫じゃいけない…倉庫運営に必要なアピール

2018年8月30日 By admin

一見ピンとこない倉庫作業

倉庫では様々な商品や製品を取り扱っています。日常生活で目にするものはもちろん、専門分野でしか扱わないような部品なども倉庫で管理されることは多いです。店頭で売る商品がなくなった時は、倉庫に発注かければすぐに在庫を補充できるように管理されています。もう既に生産が終了している電気製品の修理部品なども保有期間というものあり、それらの部品も必ず倉庫で補充をかけられるようになっているのです。倉庫の作業というのは一般的にはピンとこないかもしれませんが、実は非常に重要で私たちが生活するためには欠かせない存在になっています。

倉庫における人員体制

倉庫における人員体制としては、大きく四つの部署が考えられます。入庫、出庫、検品、メンテナンス、各作業場所において、確実に処理できる人数を配置していかなければなりません。人数が多すぎると手余りになりロス工数が生じます。逆に人数が少なすぎると当日の作業がこなせなくなり、著しく品質が劣ります。出荷時刻厳守の配送になると、遅延は絶対に起こせませんから、そういうところの作業人数の割り当ても失敗できません。

他の倉庫との差別化を図る

この倉庫に荷物を預けたいと思わせなければ、相手先と契約することはできません。何の工夫もない倉庫だと仕事は入ってこないでしょう。倉庫を運営していくには、お客を惹きつける魅力が必要です。例えば、他の倉庫ではないやり方で商品を管理していたり、在庫が乗せてない天板までもピカピカに掃除をしているとか、見る者を驚かせるちょっとしたアイデアによって売り上げは大きく変わります。たくさんある倉庫の中で生き残るためには、他の倉庫との差別化を図り、如何にアピールするかにかかっているのです。

物流とは、生産物を生産者から消費者まで届けるまでの一連の流れを指す言葉です。五大機能と呼ばれる、輸送、保管、荷役、包装、流通加工をはじめ、多くの機能を持っています。